脳科学×心理学で読み解く人生のガイドライン

心理学と脳科学をベースに習慣化・記憶力向上・モチベーション・対人関係・メンタルケアなどQOL向上に関わるコンテンツを幅広く配信

発想の転換で生まれた『やる気ない人向け』の勉強法がコレ!

スポンサーリンク

f:id:mentalfraud:20191129014612p:plain
勉強法と調べれば、効率のいい勉強の仕方は数多くヒットする。
が、意外と見つからないのが「勉強嫌いな人はどんな勉強の仕方すればいいの?」という点だ。
どんなに効率のいい勉強の仕方を学んだところで、実際に勉強しなければ意味がない。

そんな訳で今回は、勉強嫌いやモチベーションが無い人向けの勉強法をご紹介します。
参考は早稲田大学の首席を取ったブレイクスルー佐々木さんの動画『早稲田主席の勉強法【10分休憩勉強法】』より。

 もくじ

10分休憩勉強法とは?

佐々木さんが考案したこの勉強方法は、勉強時間を固定化せず休憩時間のみ固定するという方法だ。
そのため勉強時間は1分だけでもいいし、一時間やってもいい。
代わりに休憩時間はきっちり10分と決めてタイマーをセットする。

世に蔓延る勉強法だと「勉強時間〇分+休憩時間〇分」とか「高速でテキストを〇週」というのが一般的なので、それと比べるとかなり異色な感じがするだろう。

10分休憩勉強法のメリット

勉強のハードルが低くなる

まず一つ目の利点として、勉強時間が決められていないので取っ掛かりのハードルがグッと低くなる。
30分や一時間など、決められた時間勉強しなければいけないと思うと心理的ハードルが高いが、1分でもいいと思えば「とりあえずやるか」となりますよね。
実際のところ、1分の勉強で身につくことなどほとんど無いが、重要なのはそこではない。

作業興奮

人間には『作業興奮』という特性があり、最初は嫌々でもやり始めたら集中して作業できるようになる。
これはヤル気スイッチである側坐核という部位が刺激され、ドーパミンが放出されることで起こる現象だ。

側坐核は作業から5分程度経つと刺激されるので、モチベーションがない時はまずヤル気スイッチを押すのが先決だ。
その点において「とりあえず始めやすい」10分休憩勉強法は、ヤル気スイッチを押しやすいという部分において非常に優れている

効率的に集中できる

コチラは動画では言及されていないが、10分休憩勉強法は集中力の観点からみても優秀だ。

いちど集中が切れた状態から再び集中するには20分必要と言われている。
また、限界を超えて集中したあとの反動は短時間の休憩では回復しないのだ。

これら二点を踏まえると、集中が途切れたタイミングで休憩に入れる10分休憩勉強法は、集中力の効率的な運用ができるようになっていることがわかる。

勉強できる体質になってくる

さらに、この勉強法を繰り返すことによって勉強できる体質になってくると佐々木氏は言う。彼は体験談として語っているので私が補足すると

習慣化するには『小さな一歩』から取り組み、抵抗なく回数をこなせるようになるのが重要だ。
これについてはメンタリストDaiGo氏の『短期間で“よい習慣"が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術』でも語られてることであり、10分休憩勉強法は勉強時間を固定しないことで『小さな一歩』が踏み出しやすい構造になっているのが、勉強できる体質になる秘密だ。

終わりに

というわけで、早稲田主席が使っていたという10分休憩勉強法の解説でした。
初めてこの勉強法について聞いたとき、私はかなり感心しましたね。
非常に理にかなった勉強法だなと思いました。

勉強するのが苦手とか、モチベーション無くて勉強できない、という人は是非使ってみてはいかがでしょうか?
ちなみにこれ、筋トレみたいな「誰かに強制されてる訳じゃないけれど、ちょっとやるのダルいなー」って事にも応用が利きます。積極的に取り入れていきましょう!

参考
早稲田主席の勉強法【10分休憩勉強法】- YouTube
短期間で“よい習慣"が身につき、人生が思い通りになる! 超習慣術